社内ポータルやワークフロー、顧客管理などといった顧客支援サービスを有料でもいいので利用したいと考えている大企業や中小企業は日本に数多くあると言えますが、実際にどの会社の顧客支援サービスを利用すればいいのか分からないといったところも多々存在しています。大企業であっても中小企業であっても、少人数で経営を回しているベンチャー企業であっても利用しやすい顧客支援サービスの提供元がGoogleです。Googleというとインターネット検索サービスやメールサービスの提供元だといったイメージを持ち合わせている方が大半でしょうが、企業サポートのツールやシステムを提供している法人としてもGoogleは知られています。そしてGoogleの顧客支援サービスは、インターネット経由での利用が非常に容易で扱いやすいといった特徴があることから、初めて顧客支援サービスを取り入れるといった企業にとって有用性が高いと言えます。

違うサービスやシステムからの乗り換えにも対応していますが、初導入時にこそ役に立つ可能性が高いものと捉えておいてください。Googleは本社がアメリカにある会社ですが、日本にも支社があるため日本語でのサービス支援申請が通りやすくなっています。無理に英語で取引を行なったり、英語ベースのシステムを社内に取り入れる必要もないということなので、外国語に疎い企業や工場などでも割と気軽に利用できるということも覚えておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *