GoogleMapsAPIforWorkは主にビジネスで地図などのデータを利用する企業向けに提供されているサービスです。GoogleMapsAPIforWorkには有償、無償のそれぞれのバージョンが用意されており、個人でも利用ができるようになっています。GoogleMapsAPIforWorkの利用は主にAPIによる利用となり、各種アプリケーションやスマートフォンのアプリから利用し、地図などのデータを表示できます。GoogleMapsAPIforWorkの無料版はリクエスト回数に制限がありますが、1日あたり2500リクエストなので個人のアプリでは十分かも知れません。

また、有償版では10万回まで増やされるのでアプリの配布状況によって変えることも可能です。有償版ではアクセス数の制限はありますが、特に違いが出てくるのが得られるデータのサイズです。地図については最大640×640のサイズが無償で提供されますが、有償版の場合は2048×2048まで拡大されるのでアプリケーションに組み込む際には重要です。また、縮尺についても無償版が2倍までなのに対し、有償版では4倍まで可能となっている点も見逃せません。

ビジネスにおいて重要となる見やすさは有償版ならではといえます。また、各種APIを組み込む際に技術的な問題が発生しても有償版であればサービスレベル付きの利用が可能ですから、ビジネスをスムーズに進められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *