ホームページを自分で作ったことのない方には聞き慣れない「SEO対策」という言葉。まずSEOとは何かというと、「検索エンジンの最適化」という意味です。グーグル等で検索した時に、自分のホームページ(あるいは特定のホームページ)を検索結果の上位に表示させるテクニック、それをSEO対策と呼びます。検索した時になるべく上の方に自分のホームページが表示されることで、アクセスする方が増えます。

何千、何万というホームページが検索結果に表示される中で、早めにユーザーの目に留まる方が圧倒的に有利なのは言うまでもありません。では、「SEO対策」は具体的に何をすればいいのかというと、一番大切なのは「記事の質、ユーザーの求める情報が的確に記された記事を書く」ということです。例えるなら、お店の商品でも質が悪ければ売れません。売れなければどんどんお店の奥の方に追いやられてしまいます。

商品の質が良ければ、お店の目立つ位置に置かれます。ホームページも同じことでグーグルが「このホームページは質が良い」と判断すれば、目立つ位置、検索結果の上位に表示されます。そして記事のタイトルも重要です。記事で伝えたいこと、ユーザーの求めるキーワードをタイトルに含めます。

タイトルの後方よりも前方にキーワードを入れる方がSEO対策には効果的です。タイトルは完結に30文字程度でまとめます。注意しないといけないのが、スマートフォンだと表示されるタイトルの文字数が少なくなってしまうことです。20文字程度しか表示されなくなってしまいます。

なので、スマートフォンユーザーにも記事の内容が伝わるように、重要なワードは前方に入れましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *